photo

diary

 

contact

2020/1/21

写真は静か。音なき喧噪。温度のない、古い太陽の光。

 

- - - - - - - - - - - - - - -

2020/1/20

朝、渋谷でおさむくんと映画「パラサイト」。道玄坂のこんなところにシネコンが、。格差を描いているとはいえリベラルくささを感じない脂ぎった演出のせいか、嫌味がない。おさむくんとお茶。その後今年はじめて麻布の事務所。せいじといろいろ作業。あたらしいモニター注文。帰ってきた茂木さんと3時間くらいおしゃべり。自分のつめの垢がきになった。

 

- - - - - - - - - - - - - - -

2020/1/19

天気がよくなった。川崎で撮影。池上町、なるほどすごいところだった。はっきりとエリアが高架で仕切られているので足を踏み入れると一気に空間がかわって緊張感がある。誰もいない公園。自転車が疲れ果てて倒れた。人がいないが信号は変わる。昨日髪切った。あたらしい髪形、気に入っている。

 

- - - - - - - - - - - - - - -

2020/1/16

都内で仕事2件、楽しく終わる。池尻大橋の巨大な円形の構造物、なかに図書館があるらしい。その後友人夫婦と食事をかねた打ち合わせ。別れてひとり、ナルシスへ。客いない。ママとふたりでジャズじゃない音楽きいてお話し。母のことなど。最後はストーンズのサティスファクションで、ママは小さく踊る。

 

- - - - - - - - - - - - - - -

2020/1/15

今福さんのボルヘス本、虎。パウンドの詩に響く感触。

 

- - - - - - - - - - - - - - -

 

2020/1/14

台湾一週間とても長く感じた。ぎっしりと実のある充実した時間を過ごしたのではない。ほとんど退屈していた。惰性で飯を食った。選挙当日はしかるべき場所にはいかず、ホステルでのんびりしていた。テレビもないのでその熱気はほとんど感じなかった。コンビニ、地下鉄の音、台北の空気をたくさん吸った。八角の匂いと排気ガスをたくさん吸った。写真をそれほど撮れたか難しい。初めて来たときの新鮮さではもうない。コーヒーを飲んで音楽をきいた。主にThe Caretakerの砂漠のやつをyoutubeできいてマークフィッシャーを読んだ。薬理として、快楽的で、深く沈みこむような落ち着きが得られる。台湾のお茶をおみやげに。

 

- - - - - - - - - - - - - - -

2020/1/5

実家に電源ケーブル忘れたので受け取りに。田園都市線で用賀をすぎると車内が明るくなる。体から酒が抜けていく。Mark fisher読みながら、Trickyきいたり。台湾にいくまえにしておくこと、いくつも。

 

- - - - - - - - - - - - - - -